『疲れ』が溜まる原因とは?!

「普段の生活で慢性的な疲れを感じているか?」というアンケート調査で、「YSE」と回答される人は7割以上と言われています。

この「疲れ」の内訳は、「身体的な疲れ」、「精神的な疲れ」、その「両方の疲れ」で構成されています。

ではこの「疲れ」について根本的な原因とその対策について考えてみましょう。

1番の原因はストレス

現代社会において「ストレス」をまったく感じないで生活されている方は、ほぼ皆無と言って良いのではないでしょうか?

ではそもそも「ストレス」とは何のことを指すのでしょう。

結論から言うと自分が「嫌だ」「辛い」と思い、感じるもの全てが「ストレス」に該当します。

本来この「ストレス」という言葉は物理学用語で、物体に圧力がかかり、ゆがんだ状態のことを表した言葉で、それを生物学的に置き換え、人に与える精神的圧力を「ストレス」と言うようになったのです。

一般的にストレスを感じる大きな要因は仕事・家庭・対人関係が多く、子供から大人まですべての人に関わるものと言えるでしょう。

すなわち誰もがストレスを持っていると言えるです。

この「ストレス」、うまく解消できれば問題ないのですが・・・

ストレスを溜めすぎてしまうと、体にも心にも悪影響をおよぼす恐れがあります。

ではストレスが溜まると一体どういった悪影響がでてくるのでしょうか。

ストレスが及ぼす悪影響

まずストレスは精神、身体の調子を整える自律神経のバランスを崩し、ホルモンの分泌に悪影響を与えます。

その結果、疲労や睡眠障害の原因となってしまうことも。

またストレスは交感神経を興奮させ、寝付きを悪くする原因にも。

交感神経に刺激が与えらることで、良質な睡眠が取れなくなり、その結果睡眠不足に陥り、疲労の原因につながります。

そしてこの睡眠不足による疲労感はやがて怠慢感になり、現代病であるうつ病などの原因となります。

良い睡眠はストレス解消に有効

睡眠は生命や健康を維持するために必要不可欠な活動・行動で、心身のメンテナス時間です。

ですので、睡眠不足が慢性化してしまうと体に大きな負担を与えることに。

睡眠不足や質の悪い睡眠(浅い睡眠)では、十分な肉体の疲労回復を行なうことも出来ず、さらに脳の疲労回復も出来ません。

それにより判断ミスや感情のコントロールが出来なくなったり、集中力や気力の減退につながります。

反対に質の良い睡眠は自律神経やホルモン分泌に良い影響を与え、回復に大きく関与します。また肌や内臓などの組織の回復・修復も睡眠時に行われています。

つまり、睡眠不足は心身に大きな負担に、そして良い睡眠習慣はストレス解消につながるのです。

ストレスは睡眠の天敵

良い睡眠がストレス解消になると同時に、ストレスにより良い睡眠は阻害される天敵でもあります。

普段ストレスを抱えていると「寝付きが悪い、熟睡感が感じられない。」というような不眠を招きます。

ストレスを感じたまま床につくと、色々と考えてしまい脳が覚醒してしまい、ドーパミンやノルアドナリンなどが分泌されてしまいます。その結果、鎮静状態になれず寝付けなくなるのです。

また熟睡感がある深い眠りを「ノンレム睡眠」と言い、浅い眠りを「レム睡眠」と言うのですが、人は睡眠中にこの2つの睡眠を繰り返しています。

しかしストレスが溜まった状態だと、睡眠のバランスが崩れてしまいます。

浅い眠りのレム睡眠が増加し、深い眠りのノンレム睡眠が減少してしまいます。

レム睡眠中は、記憶を整理したり心を整えようと脳が活動している状態で、眠りながらも脳は働いているため、熟睡感もなく心拍数や自律神経が不安定な状態なのです。

そのためレム睡眠が増えすぎると、覚醒したり朝スッキリ起きられない、昼間に心身のだるさを感じたりしてしまい、悪循環になっていきます。

結局、どうしたらよいのでしょう

日常抱え持つストレスを解消するには、努力すればすぐに解消できるという単純なことではありません。

反対に努力のし過ぎるは、ストレスになることさえあります。それではいつまでも良質の睡眠を取ることはできません。

では一体どうしたら良いのでしょうか?

ひとつの案として、寝付きが良くなるサプリや睡眠を安定させるサプリを使用することが考えられます。

つまりあなたの睡眠をサポートするサプリを試してみるのです。

個人差はあることは否めませんが、睡眠サプリによりぐっすり眠れることができれば、日々のストレスも自ずと軽減していくでしょう。

つまり一石二鳥というわけですね。