『睡眠』に有効な成分

多く実施されている「睡眠に関してのアンケート調査」によると・・・

「睡眠に満足していない」という人が過半数を大きく超える結果がでています。

ソレにともなって満足な睡眠をとるために、不眠を解消する方法やサプリなどがどんどん世の中に出てきています。

そこで今回は睡眠の基礎となる「睡眠に有効な成分」に着目して紹介していきたいと思います。

必須アミノ酸「トリプトファン」

まず「トリプトファン」です。「トリプトファン」は体に最も重要なたんぱく質を構成する必須アミノ酸のことです。

そしてこの「トリプトファン」は質の良い睡眠と深い関わりをもっていると言われています。

「トリプトファン」は脳内で「セロトニン」「ドーパミン」「ノルアドレナリン」といった神経を整える神経伝達物質を作る素になる重要なアミノ酸です。

そのなかでも「トリプトファン」が作る「セロトニン」は催眠・鎮痛・精神安定・ストレス抑制などの作用があり、質の良い睡眠にとても深い関わりがあると言われています。

さらに「セロトニン」は睡眠ホルモンといわれる「メラトニン」の原料となり脳内で作られます。

この「メラトニン」は体内時計に作用し、眠りを誘う効果があります。そして、「ドーパミン」「ノルアドレナリン」も不眠症に有効である物質です。

これらの素になるのが「トリプトファン」なのです。

「トリプトファン」は多くの食品に含まれていますが、十分に摂取するにはサプリを併用することが有効と言えるでしょう。

またビタミンB郡と相性が良く一緒に摂取することで摂取有効率が高まります。

制御性神経伝達物質「GABA」

GABA(ギャバ)」とは体内にも存在している天然アミノ酸のことです。

この「ギャバ」は脳や脊髄で制御性の神経伝達物質として働くアミノ酸です。その働きは興奮を抑えたり、リラックス状態にしてくれる抗ストレス作用、つまりストレスを軽減してくれる働きをしてくれます。

その他にも興奮系神経伝達物質の分泌を抑え体や脳をリラックス状態に保とうとする働きがあります。

本来なら体内で十分な「ギャバ」が作られるのですが、現代社会における現代人にはストレスが多く、体内の「ギャバ」が不足している人がほとんどです。

また加齢によって減っていく成分なので「ギャバ」もまた補う必要があります。

さまざまな食品に含まれている「ギャバ」ですが、毎日の安定した量の摂取を考えると、やはりサプリがおすすめです。

「ギャバ」が不足している状態はリラックスできずに常に精神的な緊張状態にあると言えるので、不足しないように心がけましょう。また不眠などの睡眠障害をもたらす原因の1つでもあります。

リラックスに必須「テアニン」

「テアニン」とはグルタミン酸エチルアミド、というアミノ酸の一種です。主に緑茶などに多く含まれている成分です。

一般的に緑茶といえば「カテキン」を想像しますが、「カテキン」は苦さと渋みを感じさせ「テアニン」は旨味や甘さを感じさせる成分なのです。

特に玉露・かぶせ茶・抹茶などの高級なお茶に多く含まれている成分です。

この「テアニン」も睡眠と大きく関わる成分で、リラックス状態で出る脳波・アルファ波を多く出させる性質をもっています。

それによってストレスの軽減や中途覚醒を防いだり、深い眠りにつける働きがあります。

さらにストレスを抑える効果があるホルモン「セロトニン」を増やす効果や神経細胞を保護する働きがあります。

「テアニン」も体に取り入れていただきたい成分です。

3つの睡眠に有効的な成分を効果的に摂取するには

紹介してきました「トリプトファン」「GABA」「テアニン」の3つは、質の良い睡眠やストレス軽減に有効な成分ですが、どれも自然食品などに含まれています。

しかし毎日、これら成分をバランス良く自然食品から摂取することは、時間に追われる現在社会では、はっきりいって困難と言えます。

やはりバランスよく十分な量を摂取するには、手軽さを考えてもサプリメントを併用することがおすすめです。

ストレスを多く感じてて、質の良い睡眠が取れていないと感じている人は、これらの成分を含むサプリメントを試してみてはいかがでしょう。

特に睡眠に不満を感じている方、睡眠は健康にとって最も重要なことですので、ぜひお試しください。

最後にこれらの成分は睡眠やストレスに有効な成分であることにプラスして、

「トリプトファン」は美肌効果・鎮痛効果・集中力や記憶力を高める効果があり、

「GABA」は血圧を下げる効果・コレステロールや中性脂肪を抑える効果・脳細胞の活性化の効果があり、

「テアニン」は冷え性の効果・集中力を高める効果・月経前症候群や更年期障害を改善する効果あると言われています。

睡眠だけではなく、健康には欠かせない効果がたくさん期待できますよ。