夜に寝て、朝に起きる。一日はこのサイクルで回っています。

しかし、誰しもが「寝る時間が少なくても大丈夫ならもっといろいろなことができるのに」と考えたがあるでしょう。

また学生時代にはどれだけ寝ていないか、何日徹夜したかなどがまるで武勇伝のように語られていました。

睡眠の本質的な必要性を知らずに、何時間もの睡眠を取っている方が多いとおもいますが、では寝ることに何のメリットがあるのでしょうか?

もちろん、睡眠によるメリットはあります。今回は睡眠によるメリット3つをご案内します。

ストレス解消

誰しもが大なり小なりストレスを抱えています。

日頃から何らかの方法でストレス解消を試みている人もいれば、何もせずにただただ溜め込む人もいます。

また、次の日になれば悩みなど忘れてしまっているという人もいます。

実は、睡眠はストレス解消法の一つです。質の良い睡眠を取ることで、ストレスを解消することができます。

人は眠っている間に脳や体を休めて、ストレスによる心と身体の疲労を回復しています。寝ることができなければ疲労は蓄積し、心身共にボロボロになってしまいます。

睡眠を取ることにより疲れを癒し、疲労やストレスを翌日に持ち越さず、精神的に安定した状況を保つことができるようになります。

ストレスを感じているときは早めに床に入り、ゆっくりと休むことが大切です。

休息をたっぷりと取ることにより、ストレスを忘れリラックスすることができるようになるでしょう。

成長ホルモン分泌

睡眠中は成長ホルモンの分泌が盛んに行われます。

成長ホルモンと聞くと子供が大人になるために必要なホルモンだと思っている方もたくさんいますが、成長ホルモンの効果はそれだけではありません。

成長ホルモンは大人にも大切なホルモンとなっています。成長ホルモンは細胞や体組織の修復や再生を担う役割もあるのです。

例えば激しい運動をした後であれば、筋肉は傷ついています。睡眠を取ることにより成長ホルモンが筋肉の修復を助け、また元のように動ける身体へと導きます。

また、思春期にできたニキビが翌朝には治っているという経験をしたことがある人も多くいるでしょう。

このように、ダメージを受けた体を回復するのにも成長ホルモンが役に立っています。

目に見える傷だけでなく、目に見えない内部の傷も成長ホルモンは癒してくれます。

身体の臓器に異常が生じた場合でも、軽度であれば睡眠を取ることで身体を修復することができます。

成長ホルモンは健康にも大きくかかわっています。

アンチエイジング

成長ホルモンの効果はそれだけではありません。

質の良い睡眠を取った朝には肌がいつもよりハリがあるのを感じたことはありませんか?

成長ホルモンが壊れた細胞を修復することにより、アンチエイジングの効果が期待できます。

またアンチエイジング効果は肌だけではありません。頭皮の細胞が再生されることにより、太く豊かな髪の毛が生えやすくなります。

成長ホルモンが筋肉量を増やすことにより基礎代謝がアップし、肥満抑制の効果があります。

また、基礎代謝が増えたことにより体脂肪が分解されやすくなります。そのため、ダイエット効果も出てきます。

加齢により体重がなかなか減らなくて悩んでいるのであれば、質の良い睡眠を意識するのも良いかもしれませんね。

まとめ

睡眠による効果にはストレス解消、成長ホルモン分泌、アンチエイジングだと紹介してきました。

しかし他にも、楽しい夢を見て童心を思い出したり、現実では絶対にできないようなことを体験するのも睡眠の楽しみひとつと言えるでしょう。

質の良い睡眠を取るためにも、睡眠前には強い刺激を避け、ゆったりとリラックスした気分で寝床に入りましょう。

翌朝起きるころには、すっきりとさわやかな気分を感じることができるでしょう。