睡眠と太陽光の関係

睡眠と太陽光には切っても切れない、密接な関わりがあります。

あなたが良質な睡眠を取りたいと思うなら、日中にしっかりと太陽光を浴びると良いとされています。

では太陽光には、一体どのような効果があるのでしょうか?

今回は、睡眠と太陽光の関わりと、その効果についてご紹介します。

日中太陽光を浴びると睡眠の質が上がる

質の良い睡眠を取るためには、精神が安定している状態であることが大切です。そして精神を安定させるために、セロトニンという物質が深く関わってくるのです。

このセロトニンは、日中に太陽光を浴びることによって分泌されます。

そしてセロトニンの作用により心拍数や血圧を一定値へと上昇することで、脳がしっかりと覚醒し、日中シャキッと活動することができるのです。

またセロトニンには興奮や衝動、不安感などを抑制する働きがあるため、精神の安定には欠かせません。

そのため心の浮き沈みを調整する作用があるとされ、うつ病にも効果的な物質であると考えられています。

体内時計が整う

人は1日24時間という時間のサイクルで活動しています。

しかし、人の体内時計は24時間ぴったり!というわけではなく、ほとんどの人が微妙にズレを生じています。

またその周期は人によっても異なり、24時間より長い人もいれば短い人もいるようです。

「早起きが得意な朝型タイプ」「夜更かしが好きな夜型タイプ」などに分かれるのも、この生まれ持った体内時計の長さに関係があるとされています。

この体内時計の周期のズレは、夜更かしや早起きを繰り返し続けることで、少しのズレが日々積み重なっていき大きなズレにつながることにも。

そんな体内時計のズレをリセットしてくれるのが太陽光なのです。

1日のズレは朝に太陽光を充分に浴びることによってリセットされ、体内時計の周期がしっかりと安定します。

そうすると、日中は元気に活動し夜はしっかりと眠るという、規則正しい生活のリズムが確立できるのです。

メラトニンの分泌が促進される

眠っているときには、睡眠を促す効果のあるメラトニンという物質が分泌されています。

このメラトニンには「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、血圧や体温を下げたり気持ちを落ち着かせたりする効果があるため、メラトニンが充分に分泌されることによって心も体も眠る準備を整えることができます。

つまりこのメラトニンは、先ほど紹介したセロトニンと正反対の性質を持っているのです。

メラトニンとセロトニンは表裏一体で、メラトニンをしっかりと分泌させるためにはメラトニンを材料となるセロトニンを増やすことが重要です。

日中に太陽光をしっかりと浴びることでセロトニンが分泌され、夜になるとメラトニンの分泌が促進されるという仕組みになっています。

また、朝に太陽光を浴びてからメラトニンの分泌が始まるまで、約14〜16時間かかると言われています。

就寝時間に気持ち良く入眠するためにも、朝に太陽光を浴びることは非常に大切です。

まとめ

太陽光は、体内時計のリセットや、セロトニン・メラトニンといった物質の分泌に深く関わっています。

蛍光灯などの電気とは比べ物にならないパワーを秘めているのです。

屋内での活動が多い場合も、日差しが入るようにしたり、休憩時間にリフレッシュも兼ねて外へ出てみたりと工夫してみてく下さい。